ERIC CLAPTON - HELLO OLD FRIEND, VAN(2CD) [Beano-06]

ERIC CLAPTON - HELLO OLD FRIEND, VAN(2CD) [Beano-06]

販売価格: 3,800円(税込)

数量:

商品詳細

★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。

Live at Belle Vue King's Hall, Manchester, England 6th August 1976 TRULY AMAZING SOUND(from Original Masters)

エリック・クラプトンの、今までまったく出回ったことのなかった音源が衝撃の初登場です。1976年8月の「ノー・リーズン・トゥ・クライ UKツアー」から、8月6日のマンチェスター公演をステレオ・オーディエンス録音で完全収録したもので、イギリス在住者が当時自ら録音したものです。今回、そのファースト・ジェネレーションマスターを独占入手しました。これは当時の一般的なレコーダーで録音されたもので、ヒスノイズが激しいものだったため録音者も外に出す気はなく、36年間秘匿してきたものでした。しかし今回、このマスターを当レーベル独自の高度なマスタリングにより、サウンド・クオリティに影響を与えない限界ギリギリまでヒスノイズを軽減し、サウンドバランスを整えました。その結果、まだヒスノイズは若干残ってはいますが、すっきり聴き易く、迫力あるステレオ音像になりました。Beanoレーベルが何としてでもこのマスターをリリースしたかったのには、理由があります。単に初登場音源という意味だけでなく、この日のステージには聴きどころが満載だからです。何といっても最大のトピックは、ステージ中盤でアイルランド出身の名シンガー、ヴァン・モリソンが飛入りし、3曲でクラプトンと共演していることです。この頃、クラプトンはモリソンのアルバム・セッションに加わったと報じられたことがあり、そのアルバムは現在まで未発表のままですが、二人が親密に交流していた時期だったと思われます。モリソンのレパートリーをプレイするクラプトンは非常に珍しいもので、この共演はこの音源でしか聴けません。共演の最後はクラプトンも慣れ親しんだナンバーKansas Cityで和気藹々と締まります。また、Nobody Knows You When You’re Down And Outが後年ツアーのマーシー・レヴィのフィーチャリング・ナンバーとしてではなく、デレク・アンド・ザ・ドミノスのバージョンに忠実にクラプトンによってエレクトリックでプレイされていることにも注目です。サステインの効いた艶やかなプレイと切なさ溢れるボーカルは是非とも聴いていただきたいところです。終盤にはStormy Mondayでまたたっぷりとブルースを聴かせています。冒頭から30秒あたりまでは入力レベルを調整していて入力過剰気味になっていますが、その後はすっきり聴き易いレベルに落ち着きます。また、元マスターではLaylaの4:12時点でテープチェンジによる音切れ部分がありましたが、そこは違和感なく繋いであります。前日のバーミンガム公演でも二人の共演は実現したのですが、この日の音源は未だ発掘されていません。現存する中ではヴァン・モリソンとの唯一の共演が聴ける初登場音源が本盤です。この貴重度とクオリティの高さから、プレスCDでの限定リリースとなっています。どうぞこの機会をお見逃しのないようお願いします

Disc 1 (45:09)
1. Opening 2. Hello Old Friend 3. All Our Past Times 4. I Shot The Sheriff
5. Nobody Knows You When You're Out And Down 6. Can't Find My Way Home 7. Tell The Truth

Disc 2 (50:37)
1. Help me (with Van Morrison) 2. Into The Mystic (with Van Morrison)
3. Kansas City (with Van Morrison) 4. Inncocent Times 5. Stormy Monday
6. Layla 7. Key To The Highway 8. Member Introduction


Eric Clapton : Guitar & Vocals George Terry : Guitar Carl Radle : Bass
Dick Sims : Keyboards Jamie Oldaker : Drums Sergio Pastora Rodriguez : Percussions
Yvonne Elliman : Backing Vocals Marcy Levy : Backing Vocals