BLACK SABBATH - LONG BEACH ARENA 1975: MIKE MILLARD MASTER CASSETTES(2CD) [ZODIAC 401]

BLACK SABBATH - LONG BEACH ARENA 1975: MIKE MILLARD MASTER CASSETTES(2CD) [ZODIAC 401]

販売価格: 3,800円(税込)

数量:

商品詳細

★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。



Long Beach Arena, Long Beach, CA, USA 7th September 1975 TRULY PERFECT/ULTIMATE SOUND

 サバス音源史上の快挙、再び。しかも、今回は50年の歴史で最大・最高の超傑作が誕生してしまいました。何と、あの伝説テーパー“マイク・ミラード”のサバス録音が発掘。完全初登場にして、サバスの全オーディエンス録音の頂点に君臨する一作が永久保存決定です!

【ミラード伝説から遂にサバス・コレクションが誕生!】
 あのミラードによるサバス録音。。。もう、これだけで胸がいっぱいになります。LED ZEPPELINやPINK FLOYDを挙げるまでもなく、ミラードは膨大なロックの英雄たちを奇跡のサウンドで記録してきた伝説の録音家。車椅子や機材など、手法の1つひとつが逸話として語られ、その作品は公式/非公式の別さえも超え、オーディエンス録音という文化の象徴とさえなっています。しかしながら、そのコレクションからBLACK SABBATHが出てこなかった。あの奇跡サウンドでサバスを聴きたい。録音はしているはず。なぜ出てこない。失われてしまったのか……長い年月の乾きがあきらめに変わり、いつしか常識とさえなってきました。しかし、そんな歴史が変わるときが来た。遂に、遂に、ミラード・マスターが発掘されたのです!
 そんな待望を超えた夢の結晶が本作。「1975年9月7日ロングビーチ公演」の超絶級オーディエンス録音です。ミラードのサバス録音というだけでも感無量なのに、マニア筋から史上最高と言われる“SABOTAGE TOUR”。しかも、今まで一切知られてこなかった完全初登場(!!!)のショウとは……。高まる心拍数を抑えつつ、まずは当時のスケジュールからショウのポジションを確かめてみましょう。

●1975年
・7月14日-27日:北米#1a(9公演)
《7月28日『SABOTAGE』発売》
・8月1日-9月14日:北米#1b(27公演)←★ココ★
・10月9日-10月22日:英国#1(10公演)
・10月26日-11月22日:欧州(10公演)
・12月3日-13日:北米#2(9公演)
●1976年
・1月8日-13日:英国#2(5公演)

 これが“SABOTAGE TOUR”の全体像。アルバム発売と前後して全米ツアーを開始したわけですが、本作のロングビーチ公演はその序盤。「北米#1b」の22公演目にあたるコンサートでした。このツアーからはサバス全史でも頂点級の超名盤『DEFINITIVE PROVIDENCE 1975(Zodiac 344)』『LIVE LONGEST... DIE AT LAST: DEFINITIVE EDITION(Zodiac 305)』が残されていますが、それらも同じ「北米#1b」。あの2本が8月頭だったのに対し、本作はその1ヶ月後となります。
 そんなショウを記録した本作は、まさに奇跡のライヴアルバム。何しろ、あのダン・ランピンスキーの『DEFINITIVE PROVIDENCE 1975』より凄い……。比較にならない程のダイレクト感でグイグイと迫り、クリアにうねるベースのヴァイヴまで超克明なのです。あの超名盤を体験された方ならご理解いただけると思いますが、『DEFINITIVE PROVIDENCE 1975』はサバス全史の最高傑作。「サバスの客録でこれ以上のものはない」とまで言われた超絶盤でした。その最高点をあっさり更新してしまうとは……。
 この感覚を映画に喩えてみますと、ランピンスキー録音は自宅でDVDを鑑賞している感じなのに対し、本作は劇場で体験している感覚。極太の芯が降り注ぎながら一切ビビらず、微細なヴァイヴに全身が包まれるあの感覚です。本作も再生するには家庭用システムに頼らなくてはならないわけですが、なぜかあの感覚が再現されている。これは『DEFINITIVE PROVIDENCE 1975』には望めない次元であり、もっと言ってしまえば、オフィシャル超えの最高傑作サウンドボードとして有名な『LIVE LONGEST... DIE AT LAST』さえ超えている。まさにミラードだからこその奇跡サウンドなのです。
 実のところ、ミラード自身はこの録音を「近すぎる」と感じて気に入っていなかったようですが、(偉人に反論するなど畏れ多いものの)サバス・ファンから言わせていただきますと「だからこそ良い」。そもそも彼はサバスのファンではなかったようで、PAが吐き出されるギター音のダイレクト感が強烈すぎると感じた。しかし、ミラード基準では近すぎるとは言っても、微塵もビビらない美録音なのは確実でこのド直球感こそがバンドの音に似合いまくっているのです。

【サバスもミラードも黄金時代に突入した1975年】
 そして、そのサウンドで描かれるのは、先述したようにサバス・マニアから「70年代最高のツアー」と言われる“SABOTAGE TOUR”。何しろ、このツアーはサバス初となるフルスケール・ショウなのです。コレクターの方なら薄々気づいていると思いますが、実はサバスが80分以上のショウを行うようになったのは70年代中期になってから。それまではCD1枚物ばかりなのに、1つ前の“SABBATH BLOODY SABBATH TOUR(の途中)”辺りから2枚組が出始めるのです。しかも、ツアーの冒頭からちゃんとフルスケールで構想されているのは“SOBOTAGE TOUR”こそが初。5thツアーでは持ち時間がバラバラなのか、ジャムタイムの長さで時間調整をしていたようですが、このツアーでは最初から100分用のセットを構築。新曲も盛り込むだけでなく、「Killing Yourself To Live」からスタートしたり、「Black Sabbath」を復活させたりと、大変革の豪華絢爛セットを組んでいるのです。
 さらに言えば、サポート・キーボーディストにジェラルド・ウッドルフの起用も大きい。それまで再現できなかったキーボード・パートが演奏されるようになり、「Spiral Architect」も可能になった。そして、そのセットを歌うオジーも絶好調(恐らくキャリア・ハイでしょう)なら、ギターサウンドの金属光沢もギラッギラ。すべてにおいて頂点に達しつつ、まだ堕ちてはいない“絶頂のフルショウ”なのです。
 しかも、黄金時代に突入したのはミラードも同じでした。ファンには有名な話ですが、ミラードと言えば「AKGマイク+Nakamichi 550」のセットで数々の名録音をモノにしていきました。彼がその必勝機材を手に入れたのが1975年のことであり、車椅子を使い始めたのも同時期。1975年2月のJETHRO TULL録音『L.A. FORUM 1975 4TH NIGHT(Uxbridge 1262)』ではNakamichiも車椅子も使っていませんでしたが、9月の本作ではバッチリ。ミラードの看板である2つの黄金律が絶大な威力を見せつけ始めたばかりの作品なのです。

 遂に日の目を見た「ミラードのサバス」。それは、史上最高のサウンドで絶頂の刹那を真空パックした究極の最高傑作でした。独自のフルショウ・スタイルを確立したサバスと、「Nakamichi+車椅子」の黄金律に辿り着いたミラード。両者が絶頂の刹那で居合わせたからこそ生まれ得た奇跡のライヴアルバムです。
 先日ご紹介した『DEFINITIVE BRESCIA 1973(Zodiac 398)』は間違いなく快挙でしたし、ランピンスキーの『DEFINITIVE PROVIDENCE 1975』も確実に超名盤。しかし、それでも本作には敵わない。名盤の中の名盤、奇跡の中の奇跡。全身全霊で正対して頂きたい永久保存のプレス2CDです。

★燦然と輝く大傑作タイトル。過去に既発無し。それでいてツアー・ベストの最高音質。これぞ、奇跡のミラード・マスター!!!

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

Disc 1 (44:10)
1. Intro
2. Supertzar
3. Killing Yourself To Live
4. Hole In The Sky
5. Snowblind
6. Symptom Of The Universe
7. War Pigs
8. Megalomania

Disc 2 (61:09)
1. MC
2. Sabbra Cadabra
3. Jam/Guitar Solo 
4. Sometimes I'm Happy Jam
5. Drum Solo 
6. Supernaut
7. Iron Man
8. Orchid
9. Rock 'N' Roll Doctor Jam
10. Black Sabbath
11. Spiral Architect
12. Embryo / Children Of The Grave
13. Paranoid

Ozzy Osbourne - Vocals
Tony Iommi - Guitar
Geezer Butler - Bass
Bill Ward - Drums
Jezz Woodroffe - Keyboard

ZODIAC 401 \3,800 7月3日(金)発売 ★ギフト対象品