YES - DEFINITIVE BOSTON 1974(2CD) plus Bonus DVDR* Numbered Stickered Edition Only [Virtuoso 365/366]

YES - DEFINITIVE BOSTON 1974(2CD) plus Bonus DVDR* Numbered Stickered Edition Only [Virtuoso 365/366]

販売価格: 3,800円(税込)

数量:

商品詳細

★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。


Live at Boston Garden, Boston, MA. USA 26th February 1974 TRULY PERFECT SOUND

 YES全史でも“象徴”・“最高傑作”と謳われる超名盤がデジタル・リマスターで復刻です。その“象徴盤”の正体とは「1974年2月26日ボストン公演」のオーディエンス録音。そう、『海洋地形学の物語』完全演奏の頂点ライヴアルバムです。
 プログレッシヴ・ロック史に巨大な足跡を遺した超大作『海洋地形学の物語』。その完全演奏は、まさにYESファンの夢の結晶でした。『危機』『リレイヤー』を超える大作主義の頂点を極めた名曲ながら、長い歴史でも4楽章すべてが演奏されたのは“TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS TOUR(の一部)”だけ。近年、このアルバムをテーマにしたツアーが行われましたが、それでも部分再現に止まっています。しかも、その“TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS TOUR”は、一大全盛期にも関わらず、サウンドボード録音にも恵まれなかった。ごく一部だけのラジオ放送があるくらいで、プロフェッショナルな記録がほとんど残されなかったのです。

【海洋地形学ツアーの最高傑作】
 そんな『海洋地形学の物語』だからこそ、長い歴史でマニアはベストなオーディエンス録音を探し求めてきました。その探求の末、たどり着いた結論。それが本作のボストン公演なのです。アナログ時代からツアーを代表してきた名録音ですが、本作はそんなアナログ起こしではなく、かつてプレスCD『ALTERNATE VIEW』として一世を風靡した極上品。オリジナル・マスターから起こされたと言われるサウンドは史上最高峰を極め、そんじょそこらのライン録音も蹴散らす超極上ぶりに世界中のマニアが震撼したもの。本作は、その大名盤をリマスターした頂点盤なのです。
 もちろん伝統の名録音ですから、そのマスタリングには細心の注意を払いました。ライン録音に匹敵するディテール、リアルな感触を寸分も潰さず、“鳴り”のバランスを丁寧に調整。正直なところ「まるで別録音」というほど変貌しているわけではありません(それは御法度ですから)が、より一層、壮大なスペクタクルと力強いダイレクト感を両立しているのです。

【超大作ノーカットの完全録音】
 そんなサウンドで描かれるのは、プログレッシヴYESの桃源郷。もちろん、最大の目玉は『海洋地形学の物語』完全演奏ですが、それだけではない。ショウの冒頭には大代表作『危機』の全曲を(逆順で)再現しており、その上で『海洋地形学』を丸ごと演奏、さらにアンコールを「Roundabout」で〆るという、超豪華なコンサートなのです。
 ここで重要なのは、本作が完全シームレスな録音であること。どうやらリール録音らしく、テープチェンジ等のカットが一切ない。いくら超大作を連発しようと切り替わることなく、スタジオ録音を押し込めていたアナログLPの枠からも開放。超大作が超大作のまま……いえ、それ以上に自由に呼吸するステージを全身に浴びることができるのです。
 セットが頂点的なら、演奏も絶頂。超大作「危機」「儀式」のダイナミズムは圧倒的で、特にスティーヴ・ハウの変幻自在のギターは若さも滲ませつつまったくスキがない。YESの刻印であるクリス・スクワイアも全盛の勢いたっぷり唸りを上げ、その相方を務めるアラン・ホワイトも持ち前のパワフルさ全開でビル・ブルーフォードの影を完全に払拭。もちろん、ジョン・アンダーソンのエンジェリック・ヴォイスも“天から降り注ぐ”神々しさと、“泉から湧き出す”ような瑞々しさ。リック・ウェイクマンはチューニングが微妙に狂っていたりもするのですが、それさえ物ともしない凄絶な演奏が溢れてこぼれ出すのです。

 一片の欠けもなく、サウンドボードにも匹敵する超極上サウンドで超大作『海洋地形学の物語』を封じ込めた奇跡の録音。その最高峰です。歴史的大名盤『イエスソングス』にさえ匹敵する……いえ、ある意味では超越さえしてしまう超傑作。音楽ジャンル“プログレッシヴ・ロック”そのものの象徴盤でさえある1本。どうぞ、あなたのお手元に。

★イエス・アイテムの頂点。大必聴盤です。

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

Disc 1(66:22)
1. Firebird Suite 2. Siberian Khatru 3. And You And I 4. Close To The Edge
5. The Revealing Science Of God

Disc 2(79:09)
1. The Remembering 2. The Ancient 3. Ritual 4. Roundabout

Jon Anderson - Vocals Steve Howe - Guitars Chris Squire - Bass
Rick Wakeman - Keyboards Alan White - Drums

---------------------------------------------------------------------------

★★特別企画

★YESの大作主義がステージで頂点を迎えた頂点ライヴアルバム『DEFINITIVE BOSTON 1974』。その初回限定ナンバー入りステッカー付きに限り、奇跡のツアーの“光景”を伝える映像作品『LIVE: TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS TOUR』が特別に付属致します。

YES - LIVE: TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS TOUR(Special Bonus DVDR)

A composite of originally silent 8mm footage from Albuquerque 12th March 1974 and Montreal 25th February 1974, synched with audio from Boston, 26th February 1974.

 本編プレス2CDは、YESファンの夢が結晶となったライヴアルバムの頂点です。しかし、そのクオリティや音楽が素晴らしければ素晴らしいほど、現場の“光景”にも想いが募る。そこで、そのボーナスには“TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS TOUR”を目撃できし、超傑作ライヴアルバムのイメージをグッと膨らませてくれる映像作品を用意しました。
 そんな本作は、貴重な8ミリフィルとオーディエンス録音を駆使して当時のライヴを再現した映像作品。海外マニアが制作したもので「1974年2月25日モントリール公演」と「1974年3月12日アルバカーキ公演」の8ミリを繋ぎ合わせたダイジェスト映像。そこに、本編プレス2CDと同じ「1974年2月26日ボストン公演」の極上オーディエンス録音がシンクロされています。まずは、各公演のポジションをツアー全体像から把握してみましょう。

【1973年】
《初秋:『海洋地形学の物語』完成》
・11月1日-12月10日:UK(26公演)
《12月:『海洋地形学の物語』発売》
【1974年】
・2月7日-28日:北米#1(21公演)←★ココ★
=「追憶」がセット落ち=
・3月1日-25日:北米#2(22公演)←★ココ★
・4月11日-23日:欧州(10公演)
《5月:リック・ウェイクマン脱退》

 これが“TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS TOUR”の概要。本編プレス2CDのボストン公演やその前日のモントリール公演は「北米#1」、アルバカーキ公演は「北米#1」にあたります。ちなみに「北米#1」「北米#2」の日程は連続していますが、違いは「追憶」。『海洋地形学の物語』完全演奏で有名なツアーではあるものの、実は全公演で全楽章を演奏していたわけではなく、冒頭の「UK」と「北米#1」だけだったと言われています。
※注:上記は大まかなもの。全日程の演目は判明していませんし、日程内でも全曲演奏ではない日もあります。

 ともあれ、そんな3公演の記録を駆使した本作は、実に素晴らしい。当時の8ミリフィルムは撮影できる時間が短いため、本作も短い映像の積み重ね。しかし、細切れながらも『危機』『海洋地形学』の全曲を網羅しており、約15分でダイジェストしてくれる。しかも、画質が極めて美しい。フィルムの保存状態が恐ろしく良く、発色も素晴らしい。デジタル時代の現代の眼で見ても美しい画質を誇り、まさに当時そのままの光景が色鮮やかに蘇るのです。
 そんな光景で映し出されるのは、超大作に併せてドラマティックな表情を魅せる幻想のステージ。ミラーボールやライティングなど、時代がかった演出もあるのですが、それによって浮かび上がる”黄金の5人”の佇まいとセットが美しいのです。
 これが伝説ツアーの現場。その光景。歴史に残る超大作を世に問い、それを全世界に届けようとしていた5人の姿をマニアが蘇らせた渾身の映像作品です。音や写真からなんとなく想像するのではなく、動く映像で目撃することの説得力。ダイジェストではあっても、本編プレス2CDの味わい、イメージまでも変えてしまう1枚。「百聞は一見にしかず」の1本です。奇跡のライヴアルバムと併せ、どうぞ“TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS TOUR”の世界を触れてください。

(14:50)
1. Intro 2. Firebird Suite 3. Siberian Khatru 4. And You And I 5. Close To The Edge
6. The Revealing Science Of God 7. The Remembering 8. The Ancient 9. Ritual

Jon Anderson - Vocals Steve Howe - Guitars Chris Squire - Bass
Rick Wakeman - Keyboards Alan White - Drums

COLOUR NTSC Approx.15min.

Special Bonus DVDR for limited numbered stickered edition of "DEFINITIVE BOSTON 1974"(Virtuoso 365/366)