JUDAS PRIEST/IRON MAIDEN - DEFINITIVE CHICAGO 1982(2CD) plus Ltd Bonus DVDR* This Weekend Only [ZODIAC 397]

JUDAS PRIEST/IRON MAIDEN - DEFINITIVE CHICAGO 1982(2CD) plus Ltd Bonus DVDR* This Weekend Only [ZODIAC 397]

販売価格: 3,800円(税込)

数量:

商品詳細

★在庫切れの場合取り寄せ(1週間で入荷)
★ギフト・タイトル(一部レーベル限定)の対象品です。


Live at the International Amphitheatre, Chicago, IL, USA 21st September 1982 TRULY PERFECT SOUND(UPGRADE)

 これぞ、音楽ジャンル“HEAVY METAL”の頂点体験! 絶頂時代のJUDAS PRIESTとIRON MAIDENが鎬を削る究極ツアーのライヴアルバムが爆誕です!!!
 英雄ひしめくメタル史では、さまざまなカップリング公演や対決ライヴがありました。しかし、これほどまでに強烈な組み合わせは他にない。何しろ、主役がメタルを象徴する2大英雄PRIESTとMAIDENであり、その時期も1982年。そう、『復讐の叫び』時代と『魔力の刻印』時代の両雄が全面対決するライヴアルバムなのです。そんな本作に刻まれているのは「1982年9月21日シカゴ公演」。その超絶級オーディエンス録音なのです。
 コロナ渦が起きる前にはロブ・ハルフォードが「MAIDENとツアーしたい」と言いだし、スティーヴ・ハリスが「良いアイディアだね」と返した事がニュースにもなりましたが、実際に両雄が合同ツアーしたこともありまた。それは1980年から1982年にかけてで、すでに中堅だったJUDAS PRIESTの前座を新進気鋭のIRON MAIDENが務めたのです。良い機会ですので、その共演ツアーの歴史からショウのポジションを確かめてみましょう。

●BRITISH STEEL TOUR 1980
・3月7日-4月1日:英国(21公演)
●WORLD WIDE BLITZ / KILLERS TOUR 1981
・6月3日-14日:北米(12公演)
・6月27日-7月30日:北米(25公演)
●WORLD VENGEANCE TOUR / BEAST ON THE ROAD 1982
・9月14日-10月23日:北米(30公演) ←★ココ★

【奇跡ツアーを記録していた“HOT OFF THE HEADS PRODUCTION”】
 これが両雄の並び立ったツアー日程。その後もフェスで顔を合わせることはありましたが、合同ツアーはこれだけ。両バンドの記録に微妙な違いがあるので公演数までは厳密ではありませんが、おおよその規模はご理解いただけると思います。当時は両雄ともカップリングを売りにする感じではなく、プリーストにとっては「前座バンドの1つ」。1982年になるとメイデンも欧州でヘッドライナーだったのですが、北米ではギリギリ前座でした。本作のシカゴ公演は、そんな1982年北米ツアーの一幕。カップリング日程の6公演目にあたるコンサートでした。
 そんなショウで記録された本作は「超」の付く極上オーディエンス録音。もうピンと来た方もいらっしゃると思いますが、本作は今話題の超極上シリーズ“HOT OFF THE HEADS PRODUCTION”コレクションなのです。先日、メイデン編をShadesレーベルからご紹介しましたが、同じ人物がメインアクトのプリースト編も続けて録音していたわけです。しかも、プリースト編も初登場ではない。数年前、超極上クオリティで衝撃を振りまいた『DEFINITIVE VENGEANCE』をご記憶の方も多いと思いますが、実はあの超名録音も“HOT OFF THE HEADS PRODUCTION”だったのです!
 もちろん、本作は単なる抱き合わせ再発ではありません。大元マスターからカップリング作になることを前提に磨き直したもの。録音したのは同日でもデジタル・トランスファーには数年の差がありましたので、その違和感を完全に解消。その上でヌケを良くし、ピッチも完全に調整、(極わずかに)発生していたステレオ感の乱れも補正しました。『DEFINITIVE VENGEANCE』では録音漏れの「Hell Bent For Leather」を別公演の公式サウンドボードで補完していましたが、今回は「2大バンド競演の夜」こそがテーマなので補填はせず、貴重記録の真実のみで押し切るライヴアルバムに仕上げました。

【公式サウンドボードもぶっ飛ぶ超絶のライヴアルバム】
 既発や“HOT OFF THE HEADS PRODUCTION”をご存じないと、やや「?」になりそうな説明になってしまいました。まったく初体験の方に申しますと……「これは凄い!」。ぶっちゃけ「まるでサウンドボード」です。芯は極太なら感触は猛烈にオン、ディテールも超細やか。とにかくヘッドフォンで耳を澄ませても距離感が(まったく)なく、盛大なコール&レスポンスも間近声なしに巨大なスペクタクルだけが公式ライヴアルバムのようなバランスで吸い込まれている。しかも、ネットの原音からヌケを良くした独自マスタリングにより、サウンドボード感がさらの増強。オーディエンス録音を連発している“HOT OFF THE HEADS PRODUCTION”なので客録と分かるものの、本作を聴いただけではそうは思えない。先ほど「DEFINITIVE VENGEANCEでは、別公演の公式サウンドボードで補完していた」と書きましたが、それが可能なほどの超絶ダイレクト録音なのです。
 そして、そのサウンドで描かれるのは、ピークを迎えた両雄の激突……これが悪かろうハズがない。ヘヴィメタルの理想を体現した『復讐の叫び』『魔力の刻印』を創り上げたバンド・ポテンシャルが爆発し、互いに食われまいとする大熱演。ロブ・ハルフォードもブルース・ディッキンソンも他では聴いたことがないような絶唱を轟かせますし、それに引っぱられるようにアンサンブルも鉄壁。両バンドともツインがビッシビシと決まり、スティーヴ・ハリスのバッキバキ・ギャロップも凄いド迫力。1982年と言えばプリーストには『LIVE VENGEANCE '82』、メイデンには『BEAST OVER HAMMERSMITH』といった公式作もあるわけですが、本作はそのどちらに凌駕するほど強烈なのです。メタルはだけでなく、ロックはライバル心が本来以上の魅力を引き出すものですが、本作はその理想形。まさしくカップリングの妙が炸裂するライヴアルバムなのです、

 メタル者の夢をそのまま体現した「JUDAS PRIEST vs IRON MAIDEN」。上記したように、このカプリングは90公演近く実在したわけですが、これまで録音で楽しもうと持っても困難でした。多くのテーパーがお目当てのバンドしか録音せず、ごく希に両者を録音していてもクオリティが難あり……。そんな中で、本作は両者を超極上に味わえるただ1本のライヴアルバムなのです。実際に単独でプレス化されていたプリースト編だけでなく、メイデン編までも同じ極上クオリティで味わえる“HOT OFF THE HEADS PRODUCTION”コレクション。「重金属の理想」の永久保存した2枚組、どうぞ存分にご体験ください!

★ナンバリング入りステッカー付でのリリースとなります。

JUDAS PRIEST
Disc 1 (42:49)
1. Intro
2. The Hellion
3. Electric Eye
4. Riding on the Wind
5. Heading Out to the Highway
6. Metal Gods
7. Bloodstone
8. Breaking The Law
9. Sinner
10. Desert Plains
11. The Ripper

Disc 2
(40:50)
1. Diamonds and Rust
2. Devil's Child
3. Screaming for Vengeance
4. You've Got Another Thing Comin'
5. Victim of Changes
6. Living After Midnight
7. The Green Manalishi

Rob Halford - Vocals
Glenn Tipton - Guitars
K.K. Downing - Guitars
Ian Hill - Bass
Dave Holland - Drums

IRON MAIDEN
(37:47)
8. Wrathchild
9. Run to the Hills
10. Children of the Damned
11. The Number of the Beast
12. 22 Acacia Avenue
13. Hallowed Be Thy Name
14. Iron Maiden

Bruce Dickinson - Vocals
Steve Harris - Bass
Dave Murray - Guitar
Adrian Smith - Guitar
Clive Burr - Drums



★★特別企画

★ヘヴィメタルの象徴2組が激突する現場を極上体験できる超名盤『DEFINITIVE CHICAGO 1982』。その誕生を祝し、リリース初週に限り、オフィシャル映像の衝撃別バージョン『LIVE VENGEANCE '82: Extreme Microphone Mix』が特別に付属致します。

★このタイトルは一週間限定の特別ボーナスです。翌週からは付属致しませんので、ご希望の方はお早めにご用命をお願い致します。

JUDAS PRIEST - LIVE VENGEANCE '82: EXTREME MICROPHONE MIX(Ltd Bonus DVDR)*This Weekend Only
Live at Mid-South Coliseum, Memphis, Tennessee, USA 12th December 1982 PRO-SHOT(Audio: Vocal & Drum Only!)

 本作は、まさに衝撃映像! 本作はJUDAS PRIESTの……いえ、音楽ジャンル”HEAVY METAL”の名作中の名作たるオフィシャル・ライヴ『LIVE VENGEANCE '82』の映像に別ミックス音声を被せたもの。演奏・映像はまったく同一ですが、ドラムとヴォーカルだけを極端に抽出しています。スタジオアルバムから各パートのマルチトラックが流出することはよくありますが、そのフルスケールライヴ・バージョンとお考えいただければイメージしやすいのではないでしょうか。
 再生してみると、ギターとベースがほとんど聞こえず(聞こえても遠く控え目)、タムとバスドラが刻むビートに乗ってヒロイック・ヴォイスが炸裂!! 演奏音が極端に小さいだけに、声の旨みだけが分かりすぎるほど分かりやすく伝わります。ぜひヘッドフォンで楽しんでいただきたいタイトルなのですが、くれぐれもボリュームにはお気をつけください。演奏の小ささからといって音量を上げすぎてしまうと、強烈すぎるスクリームが脳天に突き刺さります(「Screaming For Vengeance」には要注意!)。
 しかも、その声の主は、今まさに全米を征服しようとしている全盛期のロブ・ハルフォードその人。K.K.ダウンイングをして「ヤツは何オクターヴの声が出るんだ?」と言わしめたハイノートは絶好調を極め、どこまでも伸びるロングトーンでは高さの中にも絶妙なコントロールで機微を演出する。爆走チューンでの迫力はもちろんですが、「Desert Plains」のサビで朗々と伸ばし、客を煽るハイトーンの鮮烈なこと!
 さらに「Sinner」や「The Ripper」など、起伏の激しい70年代曲では、変幻自在な“声芸”もたっぷり。かすれ声でワイルドに迫ったかと思えば、次の瞬間にはドス声で凄味を利かせ、今度は滑らかな声で語りかると、唐突なスクリームが空を切る。その一方で「Devil's Child」では、スタジオのメロディなど聴いたことがないかのように自由に吠え、演じるロブ。ライヴでの彼はスタジオのメロディを美しく再現することより、その場の空気・観客を感じ取ってスポンティニアスに演じているのがよく分かる。ロブこそ、いわゆる歌手(シンガー)ではなく、まさに声(ヴォイス)を操るヴォーカリストなのです!!
 ロブだけではありません。ギターソロやリフなど、歌のないパートでは本当にドラムだけなのですが、そこで聞こえるデイヴ・ホランドのビートがまた旨い。言ってしまえば、淡泊なビートでしかないのですが、そのグルーヴ感は意外なほど豊かで「メタル=無機質」のイメージとはほど遠い。長い歴史でドラマーを変え続けたバンドですが、彼らが「ただの技巧派ドラマー」以上を求めていたことに(今さらながら)気づかされます。
 また、本作にはウラの楽しみ方もあります。ヴォーカルのパートは弦楽器隊の音も遠目に入る(ヴォーカル・マイクが拾っている?)のですが、差し替えと思しきパートではロブのヴォーカルだけになる。例えば、「Victim Of The Changes」では映像でグレンとロブがマイクを共有しても声はロブだけ(逆に「Hell Bent For Leather」ではキチンと2人の声が聞こえる)。さらに、ロブと観客の掛け合いシーンでも細かく細かくヴォリュームを調整しており、ライヴと言えど、作品を作り上げるためにいかに細心の作業が繰り返されているかがよく分かります。JUDAS PRIESTマニアの諸氏なら、決定的名作『LIVE VENGEANCE '82』製作の裏側を解析するのも面白いのではないでしょうか。

 『LIVE VENGEANCE '82』といえば、「メタルがどんな音楽か知りたければ、これを見ろ」とまで言われる“メタルの教科書”。その“声”だけを抽出した本作は、“メタル・ヴォーカルの教科書”を味わい尽くすことができます。なぜ、ロブがメタルのアイコンなのか、彼がどこまで歌える人なのか、重金属ヴォーカルとは一体なんなのか。そのすべての疑問に、明快すぎるほど明快に答えてくれるのす。何百回見たかも分からない『LIVE VENGEANCE '82』を新鮮に味わえ、深みを追究したらどこまでも深い1本。もう1つの勇、IRON MAIDENと激突する本編プレス2CDと合わせ、究極の“メタル・ヴォーカル”をたっぷりとお楽しみください!

(95:26)
1. The Hellion
2. Electric Eye
3. Riding On The Wind
4. Heading Out To The Highway
5. Metal Gods
6. Bloodstone
7. Breaking The Law
8. Sinner
9. Desert Plains
10. The Ripper
11. Diamonds & Rust
12. Devil's Child
13. Screaming For Vengeance
14. You've Got Another Thing Comin'
15. Victim Of Changes
16. Living After Midnight
17. The Green Manalishi
18. Hell Bent For Leather

Rob Halford - Vocals Glenn Tipton - Guitars K.K. Downing - Guitars Ian Hill - Bass
Dave Holland - Drums

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx. 95min.

Special Bonus DVDR for "DEFINITIVE BRESCIA 1973"(ZODIAC 398) This Weekend Only